排卵日の具体的な日時がわからない排卵検査薬

MENU

排卵日の具体的な日時がわからない排卵検査薬

 

排卵検査薬では排卵日の具体的な日時がわかりません。
そのため、排卵検査薬ではわからない排卵日の具体的な日時を確認したいのであれば、病院で卵胞検査を受けることをおすすめします。
でも、不妊治療と結婚準備で、相当なお金がかかりますよね。
よく妊娠準備には100万円位必要だって言いますが、チャイルドシートやベビーカーなど、全部買いそろえると、出産費用も含めて、やっぱりそれくらいの金額は必要になりますね。
不妊治療をする人の場合は、最終的に顕微授精まで進んだことを考えると、不妊治療代金だけでもやっぱり100万円~200万円くらいは必要になりそう。
顕微授精は50万円~80万円前後かかると言われていますので、2回挑戦するだけでも、100万円を超える可能性があります。
それに比べれば、1回の卵胞検査で2000円くらいのタイミング法はまだまだ全然費用がかからないで、やっぱり安いと思います。
人工授精も、1回が2万円前後なので、まだまだ一般人でも挑戦しやすい金額です。
やはり体外受精に進むかどうかによって、かなりかかる費用が違ってきますね。
体外受精前に子供が出来るのが、やっぱり一番費用がかからないで済むので経済的な負担が少なくて良いですよね。

 

 

授かるかわからない体外受精

 

排卵検査薬のタイミング法とは、最も妊娠しやすい排卵日の数日前にタイミングをとって妊活をする方法です。
排卵日の数日前から排卵検査薬には薄い陽性反応が出るようになりますので、それを目印に子作りをすると、赤ちゃんを授かりやすいそうです。
あとは精神的に妊活で自分を追い詰めないことも大事ですね。
妊活ブログなどを読んでいると、意外に多いのが『妊活のプレッシャー』から妊活をお休みをする人が多いこと。
結局、妊活が長引けば長引くほど、「もしかして授かれないのでは?」という不安が日に日に大きくなってしまうのです。
自信を無くした状態で、お金のかかる体外受精などを挑戦しようかとなると、やっぱり、「それで失敗したら?」と悪い方へ考えてしまうこともあります。
そうなってしまうと、やっぱり辛くなってしまい、妊活のプレッシャーから、お休みを選ぶ人もいます。
体外受精まで進むと、今度は気持ちの問題ではなく、お金の問題になってきます。
夫婦によっては、考え方に違いが出て来るステップでもあります。
授かるかわからない体外受精に大金を賭けるよりも、自分たちの生活を充実させて二人で生きていこうと考えている人もいれば、やっぱり最後まで子供を諦めたくないっていう人がいますからね。