病院のタイミング指導と排卵検査薬をW使い!

MENU

病院のタイミング指導と排卵検査薬をW使い!

 

病院のタイミング指導と排卵検査薬って、両方活用している人は子供が出来るのが早い人が多い。
本気で子供を欲しいのであれば、やはり病院の通院は検討した方が良いと思います。
さすがに病院の通院だけが多くなると、経済的にはきつくなるので、市販の安い排卵検査薬もセットで使ったほうが、チョットだけでも節約できますね。
排卵検査薬では排卵日がいつかまでは詳しくわかりませんので、なかなかタイミング法で授かれない場合は、病院で力を借りることも検討してみましょう。
やはり病院での精度は、1回の検査が高いだけあって、すごく効果があると思います。
それこそ、自分一人で排卵検査薬を使ってた時にはあんまり妊娠出来なかったけど、病院でチェックをしてもらうようになってからは、一回で妊娠出来たっていう話も聞きます。
それだけ、排卵検査薬と病院でのタイミング指導は効果が違うので、自力での排卵検査薬を使った妊活に限界が見えた時には、病院を使ってみるのも一つの手段ですね。
「病院は高いから」って、最初から避けていることは勿体ないです!
人工授精や体外受精よりも、全然費用の面では楽ですので、まずは病院のタイミング指導を受けてみた方が、妊娠できる人もいますよ。

 

 

地方の不妊治療は大変

 

東京出身者が地方へ嫁に行くときに、やっぱり考えてしまうのが、見知らぬ土地で上手くやっていけるのか?
住めば都タイプの人が嫁ぐ場合は、案外やっていけることも多いですが、やっぱり東京至上主義タイプだと、やっぱり地方で暮らすと、自分で壁を作ってしまい、上手く行かなくなってしまうと思います。
私も東京から東北へ嫁ぎましたが、私は小さい頃から、海外含めて旅好きで、どこ行っても平気なタイプ。
結婚前、就職先も東京の外資で、周りもフランス、メキシコ、アメリカと遠距離恋愛から結婚する人が多く、東京生まれ・東京育ちでも東京にそんなにこだわっていない人ばかりでした。
東京が便利なことは確かですが、考え方次第では、『便利なだけ』。
ただ、不妊治療とかで実績がある病院っていうのは、やっぱり東京の方が多いのかなっていう部分はあります。
妊活は排卵検査薬を使ったタイミング法でも可能ですが、排卵検査薬では排卵日まではわかりません。
そのため実績がある不妊治療の病院で卵胞をしてもらう方が、排卵検査薬でもわからなかった具体的な排卵日も分かるので、かなり精度が高まります。
地方に行くと、良い不妊治療の病院を探すとなると、隣の県まで行かないといけないケースもあるので、その点では東京の方がいいのかなって思います。