ワンステップ排卵検査薬

MENU

「ワンステップ排卵検査薬」というアメリカ製の排卵検査薬があったのですが、「ワンステップ排卵検査薬クリア」という名称に変わりバージョンアップしました。

 

排卵検査薬にこれ以上バージョンアップする余地はあるのか。

 

バージョンアップしてどうするのか。

 

排卵検査薬ユーザーであれば、バージョンアップってなに?という感じだと思います。

 

排卵検査薬は、比べるにしても微妙な感度の違いとお値段の比較くらいしかすることがなかった状況で、ワンステップ排卵検査薬クリアは大幅に改良されました。

 

他の製品とは少し差別化された感がありますが、おそらくこれまで使っていた排卵検査薬とは少し性質が違うので、もしバージョンアップしたものを使うとしたら戸惑うこともあるかもしれません。

 

そこで、これまでのワンステップ排卵検査薬を一般的な検査薬のモデルとして、ワンステップ排卵検査薬クリアと比べながら、その大きな違いを簡単にご説明しようと思います。

 

目次
・「LHサージの確認」から「排卵期を把握するため」の検査へ
・LHサージを見てようやく陽性では遅いので、線が出たら陽性
・いち早く排卵期の始まりを知るため、感度を上げた
・いつセックスすれば良いの?
・「排卵期の終わり=排卵完了」を知る
・排卵の始まりから終わりまでにピークがある
・単純な使い方のフローをもう一度確認してください
・チャンスを最大限に活かす排卵検査薬

 

「LHサージの確認」から「排卵期を把握するため」の検査へ

従来のワンステップ排卵検査薬と、バージョンアップした排卵検査薬クリアの違いを一言で表すとすれば、従来品は「LHサージを確認するための検査薬」、バージョンアップしたものは「自分の排卵期をよく把握するための検査薬」です。

 

この違いがあるので、これまでの排卵検査薬を使っていた方からすると、少々ワンステップ排卵検査薬クリアの感度設定や、陽性判定の仕方には戸惑ってしまうかもしれません。

 

使い方ってけっこう変わる?
ややこしくなる?

 

結論から言えば、使い方は従来品と大きく変わりません。

 

生理周期から検査期間を決めていただき、尿によって検査を行います。頻度は朝と夜など一日2回が理想。

 

ただし、新しくなったワンステップ排卵検査薬クリアは「排卵期を把握」するための検査薬であり、従来のように「LHサージ」を待つだけのものではないので、少々意識を変えていただく必要があるかもしれません。

 

理屈や説明は後にして、最初にワンステップ排卵検査薬クリアを使用する場合のフローを確認してみましょう。

 

色々説明したあと、最後にもう一度このフローは出てきますから、まずは気軽に目を通してくださいね。

 

陽性反応を見て、排卵期の始まりを知る

検査を繰り返すことで、陽性反応の変化(濃さ)、LHサージを確認することができる

陽性反応がなくなったのを見て、排卵が起ったことを知る

これで排卵期の始まりと終わり、そしてその間のホルモン変化を把握することができる

検査を繰り返し、排卵期の傾向を知ることで、妊娠に適したタイミングを掴めるようになる

 

いろいろと疑問があると思うので、以下からどのようにワンステップ排卵検査薬クリアはバージョンアップして、それにどのような意味があるのかをご説明します。

 

LHサージを見てようやく陽性では遅いので、線が出たら陽性

ワンステップ排卵検査薬クリアは、薄くても線が出れば陽性です。これにより「排卵期の始まり」を知ることができるようになりました。

 

これまで、従来のワンステップ排卵検査薬やその他の製品で私たちが確認したかったのはいつがLHサージなのか、でした。だから、一番濃い線を見ることが検査の目的でした。

 

なぜでしょうか。

 

それは、LHサージが排卵の直前に急上昇するホルモンの分泌を表したもので、排卵のトリガーとして働く現象だからですよね。

 

LHサージが確認できれば一日後か一日半後には排卵が起こることが分かるので、排卵検査薬を使えば、排卵日をほぼ確実に知ることができます。

 

しかし、精子の寿命と卵子の寿命の差、精子が受精能を得るまでに時間がかかることなどを考え合わせると、タイミングを取るのであれば排卵日ではなく、排卵日前を狙うことが吉だと言われています。

 

排卵の二日前が一番妊娠の確率が高いとか、三日前からもうチャンス期間は始まっていると言われることもあります。細かな情報の差はありますが、いずれにせよ精子は意外に早くからスタンバイしていて良いのです。

 

多くの排卵検査薬の説明書にも、「排卵日前から排卵直後くらいまでがベストタイミング」というようなことが書いてありますから、「排卵日前」が重要なことは頭では分かっているのに、心情的にはやはり排卵日を基準に考えてしまいませんか。

 

今日が排卵日だと思ったら、排卵日にセックスをするのが一番なような気がしたりしないでしょうか。

 

違うのです、排卵日当日はむしろチャンス期間の最後の最後であり、すべり込みセーフを狙う状態。

 

ゆとりを持ってタイミングを合わせようと考えるのであれば、早め早めに準備しておくことが大事。

 

「排卵日前」を活かすためには、「排卵日前より前」、つまり、「排卵期の始まり」を知らなければなりません。

 

「排卵期の始まり」を掴めるようにしたのが、ワンステップ排卵検査薬クリアのバージョンアップなのです。

 

いち早く排卵期の始まりを知るため、感度を上げた

バージョンアップ版のワンステップが示す陽性反応は「排卵期に突入したみたいだよ」というサインです。

 

「排卵期の始まり」をいち早く察知するため、感度も25mIU/mlから20mIU/mlへと引き上げました。これで、今までよりも早く排卵期への突入を知ることができ、ゆとりを持って排卵日までの時間を過ごすことができるのです。

 

しかし、ここで一つ疑問がわかないでしょうか。

 

感度を上げて早く陽性と判断できるようになったのは良いけど、それじゃあ早すぎるってことなんじゃないの?

 

それに、結局いつセックスすれば良いの?

 

いつセックスすれば良いの?

結論から言えば、初めてワンステップ排卵検査薬クリアを使う場合、陽性反応が表れたときからタイミングを取ることをおすすめします。

 

ホルモンの分泌の仕方や量には個人差がありますので、ワンステップ排卵検査薬クリアが陽性反応を示した日が、排卵の何日前なのか、最初のうちは予測するのが難しいでしょう。早すぎるかもしれませんし、既にチャンス期間の3日前なのかもしれません。

 

4日前に陽性を示し始めたという方もいれば、もっと長い人もいるかもしれません。

 

初めて検査する場合、まだ「排卵期の傾向」が分かっていませんから、自分の身体では何日前から陽性反応を示すのかが分かりません。

 

だから、ワンステップ排卵検査薬クリアを使うとき、最初は陽性反応を見たらできるときにセックス。これを覚えておきましょう。

 

「排卵期の終わり=排卵完了」を知る

じゃあ、その4日前に陽性を示したとか、3日前に示したとかはどうやって確認すれば良いの?

 

そう、はじめに陽性反応を示した日が排卵の何日前なのかを知るためには、排卵したことを知らなければなりません。

 

そのために、陽性反応を見たら取れるときにタイミングを取っていただきながら、陽性反応が消えるまで検査をし続けてみてください。

 

ワンステップ排卵検査薬クリアは、医療現場でも使われている技術をセンサーに使用している精密なものであるため、排卵を境に変化する性質を持つ黄体形成ホルモンの変化を区別することができます。

 

つまり、排卵が完了したあとの黄体形成ホルモンには陽性反応を示さないということ。陰性反応になる(線がまったく見えなくなる)か、突然反応が薄くなります。

 

こまめに検査を続けることで、排卵が完了したことを確認することができるのです。

 

排卵の始まりから終わりまでにピークがある

ワンステップ排卵検査薬クリアは、「排卵の始まり」をいち早く知ることができ、「排卵の終わり」を確認することができます。

 

もちろん、その間にはホルモンの分泌量が上昇していくはずですから、陽性反応が濃くなっていくところも観察できる。

 

陽性反応が最も濃くなった日はLHサージだと判断することができますから、始まり、終わり、そしてLHサージという3点を確認することができるわけです。

 

これにより、自分の排卵期の傾向を知ることができるようになります。

 

具体的にどんなことが分かるでしょうか。

 

排卵期の始まりを察知してからだいたいどれくらいでピークに達するのか。

 

ピークからどれくらいの時間で実際に排卵が終わるのか。

 

排卵期の始まりから排卵が終わるまでにどれくらいの時間がかかるのか。

 

これを知ることで排卵期の身体の傾向を掴むことができ、排卵日の二日前、一日前、当日という、妊娠の可能性が高い三日間を活かす準備が「排卵期の始まり」の日から予測できるようになるのです。

 

傾向を知ると言っても、月によって変化があるものだと思います。それに傾向を掴むまでには何周期かの検査が必要になるでしょう。

 

排卵期の傾向を掴むなんて口で言うほど簡単なことではないかもしれませんが、排卵のチャンスをしっかり活かすために、おおよその傾向を掴むこと、そして早くからタイミングを取る準備ができるようにしておくことが重要です。

 

このような意味で、ワンステップ排卵検査薬クリアは「排卵期を管理するための」排卵検査薬です。

 

単純な使い方のフローをもう一度確認してください

それでは、もう一度ワンステップ排卵検査薬クリアを使用する際のフローを見てみましょう。

 

陽性反応を見て、排卵期の始まりを知る

検査を繰り返すことで、陽性反応の変化(濃さ)、LHサージを確認することができる

陽性反応がなくなったのを見て、排卵が起ったことを知る

これで排卵期の始まりと終わり、そしてその間のホルモン変化を把握することができる

検査を繰り返し、排卵期の傾向を知ることで、妊娠に適したタイミングを掴めるようになる

 

複雑で面倒なように感じる方もいるかもしれませんが、やること自体は従来と変わりません。

 

一日2回検査することが理想。

 

排卵の終わりまで(陽性反応がなくなるまで)検査を繰り返す。

 

チャンスを最大限に活かす排卵検査薬

これまでは、妊娠のチャンスがある期間を100%活かすのは難しかったと思います。

 

従来品は「LHサージ」を感知することを目的としており、LHサージは排卵の一日前かもしくは一日半前というのが一般的だからです。

 

仮に排卵の2日前や3日前には既に妊娠のチャンスがあるのであれば、LHサージが確認できた時点で一日、もしくは2日も逃していることになります。

 

また、LHサージを確認することを目的とすると、チャンスデーを当日に知ることになります。それではパートナーとその日にタイミングが取れるかどうかが分からない。相手にとって突然の話になってしまうこともあるでしょう。

 

それでも明日が排卵日だと思えば「本番は明日だ」と感じられるかもしれませんが、「排卵日当日」は、手遅れとは言わないまでも、ギリギリのタイミングとなってしまいます。

 

夫婦のどちらも忙しい時代、家族計画を考えると、一刻も早く結果が欲しいというご夫婦も多いでしょう。

 

結果を得るためには、チャンスを最大限に活かさなければなりません。

 

ワンステップ排卵検査薬クリアは、高い感度と精密さを誇る排卵検査薬です。小まめに検査を繰り返すことで、ご自分の身体の傾向を捉えやすくなり、計画が立てやすくなるというおすすめアイテム。

 

ご検討中なのでしたら、ぜひ数周期続けるつもりで試してみることをおすすめします。